ウェブログ情報
◆はじめに◆
初めて訪れた方はこちらをご一読ください。当ウェブログの規約や連絡先などを記載しております。
総合リンク集
看板猫娘

---------------------------------
◆創作活動紹介◆
色々な方々のご協力による、創作活動作品のご紹介です。

〜イラスト制作班〜
描いていただいたイラストを公開しています。
いただきものイラスト集

〜歌唱曲制作班〜
歌っていただいた楽曲を公開しています。わたしはここに所属。
scatterz SIDE-B
↑サイトを新規ウィンドウで開きます。
---------------------------------
◆その他◆
わたしが好きなものを楽しくご紹介しています。
---------------------------------
おしらせ




クレジット
順不同・敬称略

-相互リンク-
hiromi
みみみみ
氷室咲月
権助

赤羽麻

-イラスト制作班-
高崎
加藤千尋
森川スミオ
飛世吉
miku-Mo
桜小路るきあ
蒼次郎
崎谷
KIRYU
名雪千花
トウゴ
五葉アケビ
ピコ
いつきあ
風沙
ナナトミユキ
びきに
たかなしはると
笹原

-歌唱曲制作班-
紺野聖
ふうかまりを
如月リツ
花月ねむ
藤本美菜実
未雪ユキ
聖明人
鈴葉ユミ



(c)2006-2016 scatterz
all rights reserved.
since october 07, 2006.

---------------------------------

QRコード
qrcode
<< 7月3日の記事 | トップ | 8月11日の記事 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
♪Sakura blossom-Sound of spring-
とっておきのサクラでいろどる、ふわふわイルミネーション!

みるにゃんソング第1弾「Five o'clock-Call my number-」同じく第2弾「Awake, instinct-目を覚ませ、本能-」そして、このたび第3弾「Sakura blossom-Sound of spring-(サクラ・ブロッサム〜サウンド・オブ・スプリング〜)」が公開となりました。本作の主人公はまだ本編では登場していないけど、ひみちゅにっき(サイドストーリー)で主役を張ってる妖精のおみりーちゃんです。詳しくは原作者さまのサイトでご確認ください。

原作WEBまんが「みるきーにゃんこ」

作品公開ページ(PC)
作品公開ページ(スマホ)

これまでのみるにゃんソング制作に携わって下さった紺野 聖さん、鈴葉 ユミさん、蒼次郎さん、そして自分の4人全員で作り上げた作品です。オニーチャンに想いを寄せるおみりーちゃんの(妄想)ラブソングです。おみりーちゃんの恋の行方をお楽しみください。今回も制作に携わって下さった皆さま、本当にありがとうございました!

制作に携わって下さった皆さま、そしてこの作品を楽しんで下さったすべての方の心に、たくさんの桜の花びらが舞いますように。







公開後のツイッターでのお気に入り&リツイート、そして聴いて下さった多くの皆さま、本当にありがとうございます!こうして作品を作り公開できることはとてもありがたく、しょげー嬉しいことです。もう感謝の気持ちしかないんです(´;ω;`)
恒例の制作小話。

本作を作り始めた頃のメロディと、現行のメロディは大分違いました。曲調が少ししっとりしてて、可愛いというよりも切ない感じでした。それじゃあダメだという事で曲調とメロディを最初から作り直し、それに伴って少し歌詞も変わりました。抜粋して現行歌詞と比較するとこんな感じ。

現歌詞
ふりつもる雪におどろく
ぼくをなでてくれたあなた
いつもとちがう特別な夜
なにかおかえししなくちゃ!

旧歌詞
ふりつもる雪の多さにおどろく
ぼくをあなたはなでてくれた
クリスマスツリーもプレゼントもないけど
なにかおかえしできないかな?

旧歌詞はクリスマスっぽさを出してました。現行の歌詞の設定も一応クリスマスの夜という事になっています。確かに「クリスマスの夜=特別な夜」でも良いんですけど、そうじゃなくて「ありふれた冬の夜=特別な夜」というニュアンスが強いです。何故ならおみりーちゃんにとっては、何か良いことがあればそれが特別になるから。なので歌詞では“たまたま”クリスマスの夜だっただけです。クリスマスはおみりーちゃんにとって特別なわけじゃなく、オニーチャンにとって特別だったんです。いや、おみりーちゃんにとっても特別かもしれないけども。

イラストは自分は基本的にノータッチなので言えることがないんですが、前回同様に今回のイラストの構図も衣装も蒼次郎さんのオリジナルです。原作よりもちょっと大人びた感じのふわふわ可愛いおみりーちゃんです。大人びたというよりも、描き手の蒼次郎さんの味なのかもしれませんが。誰よりも先にこの絵を楽しませていただけるわけですが、企画者の特権ですよコレは(*´`*)

前も言ったと思いますが、素人の自分が曲を作ろうとすると、色々と弊害が出てくるわけです。知識があるヒトも悩むとは思うんですが。特にイコライジングっていって、ボーカルの音域を削ったり持ち上げたりする作業があるんです。こうする事で、オケの中でボーカルやコーラスが埋もれないようにするっていう。

自分の場合はボーカルがメインなので、オケの音が埋もれても良いんですが(良くはない)、ボーカルとコーラスがちゃんと目立つようにするのが大変です。紺野さんのボーカルをハッキリさせつつ、鈴葉さんのコーラスがボーカルより目立つ事なく、それでいてしっかり存在感を持たせる・・・(´ω`;;)?みたいな。作ってる本人が「・・・どういう事!?」って思ってます。いやホント、こういう人間が作ってるんです。だから1曲作るのに平気で半年以上かかるんです。でもその甲斐あって、素敵な作品を作り上げることができました。

ご協力して下さった皆さま、聴いて下さった皆さま、作品に関わって下さったすべての方々に改めて深く感謝いたします。楽しく作れたことがなによりうれしいこと。引き続き作品をお楽しみいただければ幸いです。本当にありがとうございました。

いま自分の中におみりーちゃんのサクラブロッサムが咲いて「ふわふわイルミネーション!」な気持ちなのは間違いないです。
| 音楽 | 17:04 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 17:04 | - | - |
この記事のコメントを見る
コメントの投稿